知っておくべきお水の世界のこと

頑張り甲斐がある仕事に思えた

仕事変わろうかなと思っていた矢先に、キャバクラ体入のバイトしてみました。元々興味があったんで、いい機会だと求人に応募してみたんです。仕事変えようと思っていたのは、その時の仕事がつまらなくて続けるのもなんだか辛いだけになっていたからです。やたら苦労が多い割にはお給料安いんで、それでやる気もどんどん失っていた状態でした。仕事の量は増えているのにお給料はそのままでしたから、なんだか安くこき使われているみたいで、頑張るにも限度あると感じてたわけです。何かやり甲斐があるとか修行のためとかいうなら続けられるんでしょうが、それもないですからただひたすら辛いと感じる毎日でした。キャバクラの体入してみて思ったのは、頑張った分だけきちんと反映されるんで、頑張り甲斐があるといったことです。仕事の内容が増えればきちんとその分見返りあるわけだから、それはとても魅力的に感じました。体入してみた結果、入店して頑張ってみようという気になったので、それからは在籍としてお店に出てます。